ザルツブルク音楽祭 '86-3-マゼールの「一千人の交響曲」

 マーラーの「一千人の交響曲」は只一度だけ生演奏を聴いた。2004年7月3日 ミューザ川崎シンフォニーホールのオープニングコンサート。演奏は秋山和慶指揮の東京交響楽団、響きの良い、真新しいホールでのこの曲、実演ならではの圧倒的感銘を受けた。このホール、川崎駅の目の前という立地の良さも羨ましい。
 1986年のザルツブルク音楽祭、8月4日 祝祭大劇場でロリン・マゼール指揮/ウィーン・フィルによってこのマーラー/交響曲第8番変ホ長調「一千人の交響曲」が演奏された。マゼールの冴え渡る棒捌きが目に見えるようだ。
 ソリストには(A)にジェシー・ノーマン、クリスタ・ルートウィッヒという超大物、(S)がシルヴィア・グリーンバーグ、ロバータ・アレクサンダー、アンジェラ・マリア・ブラーシ、(T)がウェルナー・ホルヴェーク、(Bar)ベルント・ワイケル、(B)クルト・リドル、合唱はウィーン国立歌劇場、ウィーン楽友協会、テルツ少年合唱団等。
 カセットテープは TDK AD
桜が満開、今年は去年とほぼ同じ、一昨年より10日遅い
0

この記事へのコメント